新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『華・王之優劣』 書き下し文と現代語訳(口語訳)

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

ここでは、中国の故事である『華・王之優劣』の書き下し文と現代語訳を行っています。

白文(原文)

華歆・王朗倶乗船避難。

有一人欲依附。歆 輒難之。朗曰、

「幸尚寛、何為不可。」


後賊追至。王欲舎所携人。歆曰、

「本所以疑正為此耳。既已納其自託、寧可以急相棄邪。」


遂携拯如初。

世以此定華王之優劣。

書き下し文

華歆・王朗、倶(とも)に船に乗り難を避く。
一人依附せんと欲するもの有り。歆輒(すなわ)ち之を難(はば)む。朗曰く、

「幸いに尚寛し、何為(なんす)れぞ可ならざらん」と。


後、賊追いて至るに、王携えし所の人を捨てんと欲す。歆曰く

「本(もと)疑(ためら)ひし所以(ゆえん)は、正に此れが為のみ。既已(すで)に其の自託を納(い)る、寧(な)んぞ急を以(も)って相棄つべけんや」と。


遂に携拯(けいじょう)すること初めの如し。

世此(こ)れをもって華・王の優劣を定む。

口語訳(現代語訳)

華歆と王朗は、一緒に船に乗って災難から逃れた。
その途中で1人、船に乗せてほしいという者がいた。しかし華歆は、これを断った。

王朗は「幸いに、船にはまだスペースがあるのだから、どうして乗せることができないといえるだろうか。」(と言ってその男を乗せた)

(しばらくして)後ろから追ってがやってきたので、王朗は、(先ほど乗せた)一緒にいる男を見捨てようと考えた。しかしそこで華歆が言うには

「私が最初からこの男の乗船をためらった理由は、まさにここにある。すでに頼みを引き受けた以上は、事態が急転したからといってどうして見捨てていけるだろうか、いやいけない」

そして当初の通り、男を乗せたまま追っ手から逃げ切った。

世論は、これをもって華歆と王朗のどちらが優れているかを決めた。


Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 新編国語総合』 東京書籍
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 高等学校 国語総合』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 47,564 pt 
 役に立った数 63 pt 
 う〜ん数 5 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。