manapedia
『画竜点睛』 書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説
著作名: 走るメロス
297,822 views

現代語訳(口語訳)

張僧繇(ちょうそうよう)は、呉中(ごちゅう)の人なり。
張僧繇は、呉中の人間である。

武帝仏寺を崇飾(すうしょく)し、多く僧繇に命じて之を画(ゑが)かしむ。
武帝は仏寺を立派に飾り、たいてい僧繇に命じてこれ(仏寺)に絵を描かせていた。
(※別解釈:崇飾するに⇒立派に飾るときには)

金陵の安楽寺の四白竜(しはくりゅう/しはくりょう)は、眼睛を点ぜず。
(僧繇は)金陵の安楽寺の四匹の白竜には、瞳を描かないでいた。

毎(つね)に云う、
そして常に言うことには、

「睛(ひとみ)を点ぜば即ち飛び去らん。」と。
「瞳を描いたならば、(竜は)ただちに飛び去ってしまうだろう。」と。


人以つて妄誕(もうたん)と為し、固く之を点ぜんことを請(こ)ふ。
(これを聞いた)人々は、(僧繇の言うことを)でたらめだと思い、強く(僧繇に)これ(瞳)を描くことを求めた。

須臾(しゅゆ)にして雷電壁を破り、両竜雲に乗り、騰(をど)りて上天に去る。
(僧繇がこれを聞き入れ二匹の竜に目をいれたところ)たちまち雷が壁を破り、ニ匹の竜は雲に乗って、躍り上がって天に昇っていってしまった。

二竜の未だ眼を点ぜざる者は、見在(げんざい)す
ニ匹の竜でまだ瞳を描いていないものは、(安楽寺に)今もある。

次ページ:単語解説とテストに出題されそうな問題



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。