新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『画竜点睛』 書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『画竜点睛』

ここでは、歴代名画記に収録されている画竜点睛の原文(白文)、書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を記しています。この故事は、「最後の仕上げが不十分で肝心なところが欠けているため完全とはいえない」を意味する「画竜点睛を欠く」ということわざの由来となったものです。

白文(原文)

張僧繇、呉中人也。
武帝崇飾仏寺、多命僧繇画之。

金陵安楽寺四白竜、不点眼睛。
毎云、点睛即飛去。

人以為妄誕、固請点之。
須臾雷電破壁、両竜乗雲、騰去上天。
二竜点眼者、見在

書き下し文

張僧繇、呉中人也。
張僧繇(ちょうそうよう)は、呉中(ごちゅう)の人なり。

武帝崇飾仏寺、多命僧繇画之。
武帝仏寺を崇飾(すうしょく)し、多く僧繇に命じて之を画(ゑが)かしむ。
(※別解釈:崇飾し⇒崇飾するに)

金陵安楽寺四白竜、不点眼睛。
金陵の安楽寺の四白竜(しはくりゅう/しはくりょう)は、眼睛を点ぜず。

毎云、
毎(つね)に云う、
「点睛即飛去。
睛(ひとみ)を点ぜば即ち飛び去らん。」と。


人以為妄誕、固請点之。
人以つて妄誕(もうたん)と為し、固く之を点ぜんことを請(こ)ふ。
(※別解釈:之⇒之に)
(※別解釈:固く之を点ぜんことを請ふ⇒固く請ひて之を点ぜしむ)

須臾雷電破壁、両竜乗雲、騰去上天。
須臾(しゅゆ)にして雷電壁を破り、両竜雲に乗り、騰(をど)りて上天に去る。
(※別解釈:騰りて上天に去る⇒騰去して天に上る)

二竜点眼者、見在
二竜の未だ眼を点ぜざる者は、見在(げんざい)す
(※別解釈:見在す⇒見(げん)に在り)

次ページ:現代語訳(口語訳)

1ページへ戻る
前のページを読む
1/3
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 標準 古典B 漢文編』 第一学習社
『教科書 国語総合』 筑摩書房
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 297,822 pt 
 役に立った数 361 pt 
 う〜ん数 42 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ