新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『旅夜書懐(旅夜懐ひを書す)』 杜甫 書き下し文・現代語訳(口語訳)と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

ここでは、杜甫の詠んだ「旅夜書懐」の書き下し文、そして現代語訳を記しています。「旅夜懐ひを書す」を現代語訳するならば、「旅の途中に思ったことを記す」といったところでしょうか。

白文(原文)

左から右に読んでください

細 草 微 風 岸
危 檣 独 夜 舟
星 垂 平 野 闊
月 湧 大 江 流
名  文 章 著
官 応 老 病 休
飄 飄 何 所 似
天 地 一 沙 鴎



書き下し文

細草 微風の岸

危檣(きしょう) 独夜の舟

星垂れて 平野 闊(ひろ)く

月湧いて 大江 流る

名は豈(あ)に文章もて著(あらわ)れんや

官は応に老病にて休(や)むべし

飄飄(ひょうひょう) 何の似る所ぞ

天地の一沙鴎(いちさおう)

現代語訳


小さな草が、かすかな風にたなびいている岸辺

高い帆柱のある舟に乗って、一人で夜を過ごしていた

星は広大な平野に垂れるように輝き

月は水面に映って長江は流れている

人の名声は、どうしてその人が書いた物によって表れるものだろうか、いや違う

(名声は官職であげるものだろうが)官職は、年老いて病気がちになれば辞するのが当たり前だろう

さまよっている様は何に似ているのだろうか

それは天地の間を飛ぶ、砂場にいる一羽のかもめのようだ

単語・解説


危檣高い帆柱
大江長江のことを指す
「~だろうか、いや~でない」と反語の意味
飄飄さまよう様
沙鴎砂場にいるかもめ



Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 国語総合』 教育出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 30,932 pt 
 役に立った数 29 pt 
 う〜ん数 3 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。