新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『漁父辞(漁夫之辞)』書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加

現代語訳(口語訳)

屈原は、追放されて湘江の淵や岸をさまよい、沢のほとりで歌を口ずさんでいました。顔はやつれて、その姿は痩せ衰えています。ある年老いた漁師が彼に尋ねました。

「あなたは三閭大夫さまではありませんか。どうしてこんな(落ちぶれた)お姿になってしまわれたのですか。」と。


屈原は言いました。
「世の中の人々すべて(の心)が濁っている中で、私一人だけが清らかです。そして人々がみな酔っている中で、私一人だけが醒めています。だから追放されたのです。」と。


漁師は言いました。
「聖人というものは、物事にこだわらずに世の中と一緒に移り変わります。世の中の人々(の心)が濁っているならば、どうして一緒にその泥をかき混ぜて、波を立てないのですか。人々が酔っているならば、どうしてその酒かすを口にして、その薄い酒を飲もうとしないのですか。どういった理由で深く考え、お高くとまって、自分から追放されるようなことをしたのですか。」と。


屈原は言いました。
「私はこういうことを聞いたことがあります。『髪を洗ったばかりの者は必ず(冠についた)よごれを払い、入浴したばかりの者は、必ず衣服のほこりをふるってはらう』と。どうして清廉潔白なこの身に、(世俗の)汚れたものを受け入れることができましょうか、いやできません。むしろ湘江に行って魚のエサになろうとも、どうして清廉潔白なこの身を世俗の埃の中にまみれされることができましょうか、いやできません。」と。


漁師はにっこりと笑って、(出航するために)船の縁を叩いて行ってしまった。そしてそのとき、次のような歌を詠んだ。

滄浪の水が澄んでいるのなら、私の冠の紐を洗おう。
滄浪の水が濁っているのなら、私の足を洗おう。

とうとうそのまま去ってしまい、2人はもう2度と語り合うことがありませんでした。

次ページ:単語・文法解説とテストに出題されそうな問題

1ページへ戻る
前のページを読む
2/3
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 新訂国語総合』 第一学習社
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 248,108 pt 
 役に立った数 226 pt 
 う〜ん数 33 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。