新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『秋夜寄丘二十二員外』 韋応物 書き下し文・現代語訳(口語訳)と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
秋夜寄丘二十二員外

タイトルである「秋夜寄丘二十二員外」の丘二十二とは、「丘さんところの22男」と訳すので、タイトルを現代語訳するなら、「秋の夜に、丘家の二十二男である員外に手紙を出した。」となります。ちなみに員外とは人の名前ではなくて、役職の名前です。

またこの句は、5文字にならんだ漢字が4段になってできた五言絶句というタイプの句です。

白文(原文)

懐 君  秋 夜 
散 歩 詠 涼 天 
山 空 松 子 落 
幽 人   眠 


書き下し文

君を懐(おも)いて秋夜に属(しょく)し

散歩して涼天に詠ず。

山空しくして松子(しょうし)落ち

幽人応(まさ)に未だ眠らざるべし。

現代語訳

あなたを懐かしく思っている秋の夜に

涼しい空の下、散歩をしながら詩を詠みました。

山は人気がないので、松ぼっくりが落ちる音がよく聞こえる

ひっそりと暮らすあなたのところでも、松ぼっくりの落ちる音がして、まだ眠れずにいることでしょう。

単語・文法解説

ちょうどいま、おりしも
松子松ぼっくり
幽人人里離れたところでひっそりと暮らしている
再読文字。「まさに~(す)べし」と読み、「きっと~だろう」という推量を表します
再読文字。「いまだ~(せ)ず」と読み、「まだ~ない」という否定を表します


Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 新編国語総合』 大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 26,577 pt 
 役に立った数 28 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。