manapedia
『雑説』 書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説
著作名: 走るメロス
569,704 views

口語訳(現代語訳)

世の中には伯楽(馬を見分ける名人)がいてこそ、1日に千里も走る馬が存在する(伯楽が能力の高い馬を見出すから)。千里の馬となる素質をもった馬はつねに世の中に存在するが、伯楽はつねにいるというわけではない。

ゆえに、名馬がいたとしても、(その素質を見抜かれないために)その馬は使用人の手によって粗末に扱われ、馬小屋の中で他の馬と一緒に首を並べて死んでしまい、千里を走るという名声を得ることもできないのだ。

1日で千里もの距離を走る馬は、ときには一度の食事で粟一石を食べることもある。馬を飼っている者は、その馬が千里を走る能力を持っていると知って食べさせているのではない。この馬は、千里を走る能力がるにもかかわらず、きちんと食べさせてもらえなければ、力を発揮することはできないし、その能力は表に出ることはない。せめて普通の馬ぐらいの能力を望めるかといえば、そうでもない。こんなふうでどうしてその能力が千里も走るものであるとを望むことができようか、できない。

飼い主は、馬を調教するのに千里の馬をにふさわしい扱いをせず、育てるのにその能力を伸ばすこともできない。そして馬は、この飼い主にその扱いの不当さを鳴いて訴えたとしても、飼い主は馬の気持ちをくむことができない。

それでも飼い主は馬を調教するにあたって

「世の中には名馬はいないなぁ」


と口にする。あぁ、本当に名馬はいないのだろうか。それともこの者は本当に馬を知らないのではないか。

次ページ:単語・文法解説とテストに出題されそうな問題



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。