新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『臥薪嘗胆』 十八史略 書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『臥薪嘗胆』

臥薪嘗胆とは、成功するために苦労に耐えること、またリベンジのために耐え忍ぶことという意味を持つ中国のことわざです。このことわざの元となった物語の書き下し文と現代語訳、そして文法の解説を行っています。

白文(原文)

呉王闔廬、挙伍員謀国事。員、字子胥、楚人伍奢之子。奢誅而奔呉、以呉兵入郢。
呉伐越、闔廬傷死。子不差立。子胥復事之。夫差志復讎、朝夕臥薪中、出入使人呼曰、

「夫差而忘越人之殺而父邪。」


周敬王二十六年、夫差敗越于夫椒。越王勾践以余兵棲会稽山、請為臣妻為

子胥言、

「不可。」


太宰伯嚭受越賂、説夫差赦越。勾践反国、懸胆於坐、臥即仰胆、嘗之曰、

「女、忘会稽之恥邪。」


挙国政属大夫種、而与范蠡治兵、事謀呉。

太宰嚭、譖

「子胥恥謀不用怨望。」


夫差乃賜子胥属鏤之剣。子胥告其家人曰、

「必樹吾墓檟。檟可材也。抉吾目、懸東門。以観越兵之滅呉。」


乃自剄。夫差取其尸、盛以鴟夷、投之江。呉人憐之、立祠江上、命曰胥山。

越十年生聚、十年教訓。周元王四年、越伐呉。呉三戦三北。夫差上姑蘇、亦請於越。范蠡不可。

夫差曰、

「吾無以見子胥。」


幎冒乃死。

書き下し文

呉王闔廬、伍員を挙げて国事を謀らしむ。員、字は子胥、楚人伍奢の子なり。奢誅せられて呉に奔り、呉の兵を以ゐて郢に入る。
呉 越を伐ち、闔廬傷つきて死す。子の夫差立つ。子胥復(ま)た之に事ふ。夫差讎(あだ)を復(ふく)せんと志すし、朝夕薪中に臥し、出入するに人をして呼ばしめて曰はく、

「夫差、而(なんぢ)越人の而の父を殺せしを忘れたるか。」と


周の敬王の二十六年、夫差越を夫椒(ふしょう)に敗る。
越王勾践(こうせん)、 余兵を以(ひき)ゐて会稽山(かいけいざん)に棲(す)み、臣と為り妻は妾(しょう)と為らんことを請ふ。子胥言ふ、

「不可なり。」と


太宰伯嚭(たいさいはくひ) 越の賂(まひな)ひを受け、夫差に説きて越を赦(ゆる)さしむ。勾践国に反り、胆を坐臥(ざが)に懸け、即ち胆を仰ぎ之を嘗めて曰はく、

「女(なんじ)、会稽の恥を忘れたるか。」と。


国政を挙げて大夫種(たいふしょう)に属(しよく)し、而(しか)して范蠡(はんれい)と与に兵を治め、呉を謀るを事とす。

太宰嚭(たいさいひ)、子胥(ししょ)謀(はかりごと)の用ゐられざるを恥ぢて怨望すと譖(しん)す。夫差乃ち子胥に属鏤(しょくる)の剣を賜ふ。

子胥其の家人に告げて曰はく、

「必ず吾が墓に檟(か)を樹ゑよ。檟は材とすべきなり。吾が目を抉(えぐ)り、東門に懸けよ。以つて越兵の呉を滅ぼすを観ん。」と。


乃ち自剄(じけい)す。夫差其の尸(しかばね)を取り、盛るに鴟夷(しい)を以つてし、之を江に投ず。呉人之を憐れみ、祠を江上に立て、命(なづ)けて胥山(しょざん)と曰ふ。

越、十年生聚(せいしゅう)し、十年教訓す。周の元王の四年、越呉を伐つ。呉三たび戦ひて三たび北(に)ぐ。夫差姑蘇(こそ)に上り、亦た成(たひらぎ)を越に請ふ。范蠡可(き)かず。

夫差曰はく、

「吾以つて子胥を見る無し。」と。


幎冒(べきぼう)を為(つく)りて乃ち死す。

次ページ:口語訳(現代語訳)

1ページへ戻る
前のページを読む
1/3
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 精選国語総合』 大修館書店
『教科書 高等学校 古典 古文編』 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 386,793 pt 
 役に立った数 292 pt 
 う〜ん数 38 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!