新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『春夜洛城聞笛(春夜洛城に笛を聞く)』 李白 書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

ここでは、中国の詩人李白の詠んだ、「春夜洛城聞笛」の書き下し文、そして現代語訳を記しています。この詩は、7つの漢字からなる句が5行続く、七言絶句の形をしています。

白文(原文)

左から右に読んでください

誰 家 玉 笛 暗 飛 声

散 入 春 風 満 洛 城

此 夜 曲 中 聞 折 柳

何 人 不 起 故 園 情


書き下し文

誰が家の玉笛ぞ 暗に声を飛ばす

散じて春風に入りて洛城に満つ

此の夜 曲中 折柳を聞く

何人(なんびと)か起こさざらん故園(こえん)の情

現代語訳

誰かの家からだろうか。暗闇の中を笛の音色が聞こえてくる。

春の風にのって、洛陽の町に音色が広がっている。

この夜に耳にした曲の中に「折柳」があった。

(この曲を耳にして)故郷を思わない者がいるだろうか。

単語


洛城洛陽の街のこと
折柳別れの曲の代名詞
故園情「故園」は故郷を指し、故園情で「故郷を思う心」となる


Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 精選国語総合』 大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 24,115 pt 
 役に立った数 22 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。