新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

枕草子『虫は』わかりやすい現代語訳と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

ここでは、枕草子の中の『虫は』の現代語訳と解説をしています。

原文

虫は 鈴虫。ひぐらし。蝶。松虫。きりぎりす。はたおり。われから。ひを虫。蛍。
蓑虫、いとあはれなり。鬼の生みたりければ、親に似て、これも恐ろしき心あらとて、親の、あやしき衣ひき着せて、

「今、秋風吹かむをりぞ来むとする。待てよ」


と言ひ置きて逃げて去にけるも知らず、風の音を聞き知りて、八月ばかりになれば、

「ちちよ、ちちよ」


とはかなげに鳴く、いみじうあはれなり。

額(ぬか)づき虫、またあはれなり。さる心地に道心おこして、つきありくらむよ。思ひかけず暗き所などに、ほとめきありきたるこそをかしけれ。
蝿こそにくきもののうちに入れつべく、愛敬なきものはあれ。人々しう、敵などにすべき大きさにはあらねど、秋など、ただよろづの物にゐ、顔などに濡れ足してゐるなどよ。人の名につきたる、いとうとまし。
夏虫、いとをかしうらうたげなり。火近う取り寄せて物語など見るに、草子の上などに飛びありく、いとをかし。蟻は、いとにくけれど、軽びいみじうて、水の上などを、ただ歩みに歩みありくこそ、をかしけれ。

現代語訳

虫であるならば、鈴虫、ひぐらし、蝶、鈴虫、きりぎりす、われから、かげろう、蛍が趣があってよい。
蓑虫はとてもかわいそうである。鬼が生んだ子なので、親に似ていて恐ろしい心を持っているだろうとのことで、親が(子に)みすぼらしい着物を着せて

「秋風が吹くころになったら帰ってくるから、待っていなさいね」


と言って、置いて逃げ去っていったことも知らずに、秋風が吹いているのを音で知って、8月ごろになると

「父よ、父よ」


とはかなげに泣いているのはとてもかわいそうである。
コメツキムシもまたかわいそうである。そんな虫の心にも仏道を求める心を起こして、頭を下げて歩き回っているのだろうよ。思いもよらない暗い箇所で、ことことと音を立てながら歩いているのは面白い。

蝿こそ、気に入らないものの中に入れるべきで、かわいげのないものである。いっちょまえに敵にするような大きさではないが、秋などに、何にでもただとまっていて、顔などに濡れた足でとまったりすることよ。人の名に蝿とつけているのは、とてもいやな感じだ。

夏虫はとても趣があってかわいらしい。明かりを近くに寄せて物語などを読んでいると、本の上を飛んでいる様子はとても趣がある。蟻はとても気に入らないのだが、身軽さは並々ではなく、水の上などをひたすら歩き歩き回っている様子は趣がある。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 精選国語総合』 大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 38,609 pt 
 役に立った数 14 pt 
 う〜ん数 4 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。