新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

白居易『香炉峰下新卜山居(香炉峰下、新たに山居を卜し~)』原文・書き下し文・現代語訳(口語訳)と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加

文法解説

形式:七言律詩

4つの句からなる詩を絶句(ぜっく)といい、8つの句からなる詩を律詩(りっし)といいます。例えばこの詩では、「日高睡足猶慵起」を1句と考えます。この漢詩は8つの句からなるので律詩です。

また、律詩のうち、1つの句が5文字からなるものを五言律詩(ごごんりっし)といい、1つの句が7字からなるもの七言律詩(しちごんりっし)といいます。

以上から、この漢詩は「七言律詩」となります。

押韻:寒・看・官・安

押韻(おういん)とは、漢詩を読んだ時に一定のリズムが出るように、同じ響きの言葉を句の最後に置くことです。この漢詩では、

寒(Kan)、看(Kan)、官(Kan)、安(An)

が該当します。カッコの中は日本語の音読みです。だいたいが日本語の音読みで判別することができますが、本来は、作者が生きた時代の発音で韻を踏んでいるかどうかを確認します。よって、日本語の音読みだけでは判別ができない押韻も存在します。

押韻にはルールがあります。七言律詩では、原則として第1句末、第2句末、第4句末、第6句末、第8句末に同じ響きの言葉が置かれます。この詩は例外で、第1句末が押韻に対応していないので注意しましょう。(第一句末の押韻をしない技法を踏み落としといいます。)

対句

対句とは、句を強調するために、形や語感が似たペアの句を作る技法です。ペアとなる句は、文法構造や用いている文字が呼応しているなどの特徴があります。七言律詩では原則として「第3句と第4句」、「第5句と第6句」が対句となります。

第3句と第4句

遺 愛 寺 鐘 欹 枕 聴
香 炉 峰 雪 撥 簾 看

第5句と第6句

匡 廬 便 是 逃 名 地
司 馬 仍 為 送 老 官
1ページへ戻る
前のページを読む
2/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 明解 国語総合」 三省堂
『教科書 精選国語総合』 三省堂
『教科書 高等学校 古典 古文編』 三省堂
『教科書 新編国語総合』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 134,615 pt 
 役に立った数 341 pt 
 う〜ん数 45 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。