新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『鶏鳴狗盗』書き下し文・わかりやすい現代語訳(口語訳)と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『鶏鳴狗盗』

ここでは、中国の故事である鶏鳴狗盗の書き下し文と現代語訳・解説を書いています。この故事は、とりえのなさそうに見える人物でも、何か1つぐらいは秀でた特技を持っているものだつまらない能力しかないとるに足らない人物という2つの意味を持つ四字熟語、「鶏鳴狗盗」の由来になったものです。

白文

靖郭君田嬰者、斉宣王之庶弟也。封於薛。有子曰文。食客数千人、名声聞於諸侯。号為孟嘗君。

秦昭王聞其賢、乃先納斉、以求見。至則止、囚欲殺之。孟嘗君使人抵昭王幸姫求解。姫曰、

「願得君狐白裘。」


蓋孟嘗君、嘗以献昭王、無他裘。客有能為狗盗者。入秦蔵中、取裘以献姫。姫為言得釈。

即馳去、変姓名、夜半至函谷関。関法、鶏鳴方出客。恐秦王後悔追之。客有能為鶏鳴者。鶏尽鳴。遂発伝。出食頃、追者果至、不及。孟嘗君、帰怨秦、与韓魏伐之、入函谷関。秦割城以和。

書き下し文

靖郭(せいか)君田嬰(でんえい)は、宣王の庶弟なり。薛に封ぜらる。子有り文と曰ふ。食客数千人。名声諸侯に聞こゆ。号して孟嘗君と為す。

秦の昭王、其の賢を聞き、乃ち先づ質を斉に納れ、もって見んことを求む。至れば則ち止め囚へて之を殺さんと欲す。孟嘗君人をして昭王の幸姫に抵(いた)りて解かんことを求めしむ。姫曰く、

「願はくは君の狐白裘を得ん」

と。蓋(けだ)し孟嘗君、嘗て以て昭王に献じ、他の裘無し。客に能く狗盗を為す者有り。秦の蔵中に入り、裘を取りて姫に献ず。姫為に言ひて釈さるるを得たり。

即ち馳せ去り、姓名を変じて夜半に函谷関に至る。関の法、鶏鳴きて方に客を出だす。秦王の後に悔いて之を追はんことを恐る。客に能く鶏鳴を為す者有り。鶏尽く鳴く。遂に伝を発す。出でて食頃にして、追う者果たして至るも、及ばず。

孟嘗君帰り、秦を怨み、韓魏と之を伐ち函谷関に入る。秦城を割き以て和す。

次ページ:口語訳(現代語訳)

1ページへ戻る
前のページを読む
1/3
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 国語総合』 教育出版
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 新編国語総合』 大修館書店
『教科書 高等学校 国語総合 古典編』 三省堂
『教科書 探求国語総合』 桐原書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 222,135 pt 
 役に立った数 211 pt 
 う〜ん数 42 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。