新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『先従隗始/先づ隗より始めよ』(燕人立太子平為君〜)書き下し文・現代語訳・口語訳と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加

口語訳(現代語訳)

燕の人たちは、太子の平を擁立して王としました。これが昭王です。昭王は、死者を弔い、誕生を祝い、丁重な言葉使いと礼物を用意し賢者を(参謀として国に)招こうとしました。(昭王は、)郭隗に次のように尋ねて言いました。

「斉は、私の国の動乱に乗じて、攻め入ってきて燕をやぶりました。私は、十分に承知しています、燕が小国で、(斉に)報いるための力がないことを。そこで賢者を得て、一緒に国を治めて、それによって先代の王の恥をすすぐことが私の心からの願いなのです。先生、ふさわしい人物を教えてください。この身その方のことを師として仰ぎたいのです。」と


郭隗は次のように言います。

「昔の君主で、千金(もの大金)を側近に持たせて、千里の馬を買いに行かせた方がいました。(ところがその側近は)死んだ馬の骨を五百金で買って帰ってきたのです。
君主は怒りました。その側近が言うことには、

『死んだ馬の骨でさえ、(我々は五百金もの大金を出して)買ったのです。生きている馬ならなおさら高く買うに違いない(と周りの人は思うはずです。)千里の馬はすぐにもやってくるでしょう。』

一年もたたないうちに千里の馬が三頭やってきました。王様がどうしても賢者を招き入れたいとお考えならば、まずはこの隗から始めてください。(そうすれば、)この隗よりも賢い者がどうして、千里の道を遠いと思うでしょうか(いや遠いとは思わずに遠方からこの国に仕官しにやってくるはずです)。」と


そこで昭王は、郭隗のために新しく邸宅を築き、郭隗に師事しました。この話を聞いた賢者たちは、争って燕にやってくるようになりました。

この話の要約

郭隗は、「とあるレベルの者(A)が厚待遇をされていたら、Aよりレベルの高い者は、Aよりももっと良い待遇を受けることができるに違いないと思い、どんなに遠くからでも仕官しにやってくるはずです。だからまずは、私を召し抱えてみなさい。そのうち私よりもレベルの高い人間がやってくるでしょうから。」ということを、昔の馬の話を例に出して昭王に進言した。

次ページ:単語・文法解説とテストに出題されそうな問題

1ページへ戻る
前のページを読む
2/3
次のページを読む

Tunagari_title
・『先従隗始/先づ隗より始めよ』(燕人立太子平為君〜)書き下し文・現代語訳・口語訳と文法解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選国語総合』 大修館書店
『教科書 高等学校 国語総合 古典編』 三省堂
『教科書 高等学校 国語総合』 第一学習社
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 標準国語総合』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 694,282 pt 
 役に立った数 775 pt 
 う〜ん数 147 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!