新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

土佐日記『海賊の恐れ』 わかりやすい現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
土佐日記『海賊の恐れ』

このテキストでは、紀貫之が書いたとされる土佐日記の「海賊の恐れ」(二十三日、日照りて曇りぬ〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。
原文

二十三日、日照りて曇り。「このわたり、海賊の恐りあり」と言へば、神仏を祈る。

二十四日、昨日の同じ所也。

二十五日、楫取らの「北風悪し」と言へば、舟出ださず。「海賊追ひ来」と言ふこと、絶えず聞こゆ

二十六日。まことにやあらむ。「海賊追ふ」と言へば、夜中ばかり舟を出だして漕ぎ来る路に手向けする所あり。楫取して幣(ぬさ)奉らするに、幣の東へ散れば楫取の申て奉る言は、

「この幣の散る方に御舟すみやかに漕がしめ給へ」


と申て奉るを聞ゝて、ある女の童の詠める、

わたつみちふりの神に手向する幣の追風止まず吹かなむ


とぞ詠める。この間に、風のよければ楫取いたく誇りて、「舟に帆上げ」など喜ぶ。その音を聞ゝて、童も嫗もいつしかと思ほへばにやあらん、いたく喜ぶ。この中に淡路の専女といふ人の詠める歌、

追風の吹きぬる時は行く舟も帆手打ちてこそ嬉しかりけれ


とぞ。天気のことにつけて祈る。

現代語訳

二十三日。日が照った後、曇って

二十四日。昨日と同じ所にとどまっている。

二十五日。船頭たちが、「北風が荒々しい」と言うので、船を出さない。「海賊たちが追ってくる」という話が絶えず聞こえる。

二十六日。(海賊が追ってくるという噂は)本当のことなのだろうか。「海賊が追ってくる」と言うので、夜中に船を出して漕いでいく途中に、神仏に供え物をする所がある。船頭に幣を供えさせると、その幣が東の方向へと舞ったので、

「この幣が舞う方角に船を素早くお進めください」


と船頭が言っているのを聞いて、ある女の子が次の歌を詠んだ。

海の道中を守ってくださる神様にお供えする幣を吹き飛ばしている風よ、止まずに吹いていてほしい。


その間に風がいい感じになったので、船頭は得意げに

「船に帆を張れ」


などといって喜んでいる。その声を聞いて、子どもも老人も、いつになったら(帰れるのだろうか)と思っていたのだろうか、ひどく喜んでいる。。乗員の中にいた淡路の専女という人が歌を詠んだ。

追い風が吹き抜けているときは、帆が風ではためいているように、私たちも手をたたいて嬉しがったことだなぁ


天気が荒れないことを神に祈る。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校 国語総合 古典編』 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 17,390 pt 
 役に立った数 5 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!