新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『朝三暮四』 書き下し文・現代語訳(口語訳)と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『朝三暮四』

ここでは、「列士」に収録されている朝三暮四の原文(白文)、書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を記しています。この故事は、「目先の利益に目がいってしまい、結果的には利益が同じであることに気づかない」、または「言葉の上でうまく人をだますこと」などを意味する四字熟語、「朝三暮四」の由来になったものです。

※書籍によって内容が異なる場合があります。
白文

宋有狙公者。
愛狙、養之成群。
能解狙之意、狙亦得公之心。
損其家口、充狙之欲。

(ⅰ)而(ⅱ)焉
(ⅲ)将限其食。

恐衆狙之不馴於己也、先誑之曰、
与若芧、朝三而暮四、足乎。

衆狙皆起而怒。

俄而曰、
与若芧、朝四而暮三、足乎。

衆狙皆伏而喜。

書き下し文

宋有狙公者。
宋に狙公なる者有り。

愛狙、養之成群。
狙を愛し、之を養ひて群れを成す。

能解狙之意、狙亦得公之心。
能く狙の意を解し、狙も亦公の心を得たり。

損其家口、充狙之欲。
其の家口を損じて、狙の欲を充たせり。

俄而匱焉。
俄にして匱し。

将限其食。
将に其の食を限らんとす。

恐衆狙之不馴於己也、先誑之曰、
衆狙の己に馴れざらんことを恐るるや、 先づ之を誑きて曰はく、
(※別解釈:馴れざるを)

与若芧、朝三而暮四、足乎。
若に芧を与ふるに、朝に三にして暮に四にせん、足るかと。


衆狙皆起而怒。
衆狙皆起ちて怒る。

俄而曰、
俄にして曰はく、

与若芧、朝四而暮三、足乎。
若に芧を与ふるに、朝に四にして暮に三にせん、足るかと。


衆狙皆伏而喜。
衆狙皆伏して喜ぶ。

次ページ:口語訳(現代語訳)と話の楽しみどころ

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 標準 古典B 漢文編』 第一学習社
『教科書 国語総合』 教育出版
『教科書 新編国語総合』 教育出版
『教科書 高等学校国語総合 古典編』 三省堂
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 322,540 pt 
 役に立った数 403 pt 
 う〜ん数 46 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。