新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

徒然草『花は盛りに』(花は盛りに、月は隈なきを〜)わかりやすい現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
徒然草『花は盛りに』

このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草「花は盛りに」の「花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文(本文)

花は盛りに、月は隈なきをのみ(※1)見るものかは。雨に向かひて月を恋ひ垂れ籠めて春の行方知らぬも、なほあはれに情け深し。咲き(※2)ぬべきほどの梢、散りしをれたる庭など(※3)こそ見どころ多けれ
歌の詞書にも、

「花見にまかれりけるに、早く散り過ぎにければ。」


とも、

障ることありてまからで。」


なども書けるは、

「花を見て。」


と言へるに劣れることかは。花の散り、月の傾くを慕ふならひはさることなれど、ことにかたくななる人ぞ、

「この枝かの枝、散りにけり。今は見どころなし。」


などは言ふめる。  

よろづのことも、初め終はり(※4)こそをかしけれ。男女の情けも、ひとへに逢ひ見るをば(※5)いふものかは逢はでやみにし憂さを思ひ、あだなる契りかこち長き夜をひとり明かし、遠き雲居思ひやり浅茅が宿に昔をしのぶこそ、色好むとはいはめ。

※つづく:「望月の隈なきを千里の外まで眺めたるよりも〜」の現代語訳と解説

現代語訳

花は満開のときだけを、月は雲りがないのだけを見るものであろうか、いやそうではない。降っている雨に向かって(見えない)月のことを慕い、すだれを垂らして室内にこもり春が移り行くのを知らずにいるのも、やはりしみじみとして情趣が深い。今にも咲きそうな梢、花が散ってしおれている庭などにこそ見るべき価値がたくさんある。和歌の詞書にも、

「花見に参ったのだけれど、とっくに散り果ててしまっていたので。」


とか、

「さしつかえることがあって、(花見に)参りませんで。」


などと書いてあるものは、

「花を見て(詠んだ歌)」


というのにひけをとっているだろうか、いやとっていない。花が散り、月が(西に)沈みかけるのを(惜しみ)慕う習慣はもっともなことではあるが、とりわけものの趣を理解しない人は、

「この枝も、あの枝も、散ってしまって、今は見る価値ががない。」


などと言うようだ。

何事も、最初と最後が趣があるものだ。男女の恋も、ひたすらに契りを結ぶことだけを(情緒があると)いうのだろうか、いやそうではない。逢わずに終わった(恋の)辛さを思い、はかない逢瀬を嘆き、長い夜を一人で明かして、遠く離れた所(にいる恋人のこと)をはるかに思い、チガヤの生い茂った荒れ果てた家で昔(の恋)を思い出して懐かしむことこそ、恋愛の情趣を理解すると言えよう。

※つづく:「望月の隈なきを千里の外まで眺めたるよりも〜」の現代語訳と解説

次ページ:品詞分解・単語・文法解説とテストに出題されそうな問題

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・徒然草『花は盛りに』(花は盛りに、月は隈なきを〜)わかりやすい現代語訳と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校国語総合 古典編』 三省堂
『教科書 高等学校 国語総合』 第一学習社
『教科書 国語総合』 筑摩書房
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 精選国語総合』 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 385,942 pt 
 役に立った数 170 pt 
 う〜ん数 40 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!