新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

伊勢物語『さらぬ別れ』 わかりやすい現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
伊勢物語『さらぬ別れ』

このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語第八十四段の一節、「さらぬ別れ」の現代語訳と解説をしています。伊勢物語の作者は不明ですが、在原業平をモデルとしらフィクションではないかと言われています。

タイトルの「さらぬ別れ」ですが、これは、避けることのでいない、永遠の別れ、すなわち死別のことを意味します。

原文

昔、男ありけり。身はいやしながら、母なむなりける。その母長岡といふ所に住み給ひけり。子は京に宮仕へしければ、まうづとしけれど、しばしばえまうでず。ひとつ子にさへありければ、いとかなしうし給ひけり。さるに、しはすばかりに、とみの事とて、御ふみあり。おどろきて見れば、うたあり。
 
老いぬればさらぬ別れのありといへばいよいよまくほしき君かな


かの子、いたううちなきてよめる。
 
世の中にさらぬ別れのなくもがな千代もといのる人の子のため


現代語訳

昔、ある男がいました。身分は低いものの、(男の)母は皇女だったのでした。その母親は、長岡という所に住んでいらっしゃいました。子どもは京都で宮仕えをしていたので、(母親に会いに長岡に)参上しようとはしましたが、たびたびは参上することができずにいます。その上、男は一人っ子であったので、母親はたいそう男のことを可愛がっていらっしゃった。そうしているうちに、12月になって、急用の知らせといって、手紙が母親から男のもとに届きました。男は驚いて手紙を見ると、そこには歌が詠まれています。

老いていくと、避けることのできない(死別の)別れがありますが、よりいっそうあなたに会いたくなったことですよ


男はひどく泣いて、(返事に)歌を詠みました。

世の中には死の別れがなければよいのにと思います。親に千年も生きてほしいと思う子どものために


次ページ:品詞分解と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校国語総合 古典編』 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 27,513 pt 
 役に立った数 14 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!