新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

戦国策『蛇足』書き下し文・現代語訳(口語訳)と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『蛇足』

ことわざに、「蛇足」というものがあります。蛇に足がついているということから、あっても利益にならない余計なものという意味なのですが、その由来となったのがこの物語です。

白文(原文)

楚有者。賜其舎人 卮酒。舎人相謂曰、

「数人飲之不足、一人飲之有余。請画地為蛇、先成者飲酒。」


一人蛇先成、引酒飲之。乃左手持卮、右手画蛇曰、

「吾能為之足。」


成、一人之蛇成。奪其卮曰、

「蛇固無足。子安能為之足。」


遂飲其酒。為蛇足者、終亡其酒。

書き下し文

楚に祠(まつ)る者有り。其の舍人に卮酒を賜う。舍人相謂ひて曰く、

数人之を飲まば足らず、一人之を飲まば余り有らん。請う、地に画(ゑが)きて蛇を為しり、先づ成る者酒を飲まんと。


一人蛇先づ成り、酒を引き且に之を飲まんとす。乃ち左手もて卮(し)を持し、右手もて蛇を画(ゑが)きて曰く、

「吾能く之が足を為る」と。


未だ成らざるに、一人の蛇成る。其の卮(し)を奪ひて曰はく、

蛇固(もと)より足無し。子安(いづく)んぞ能く之が足を為さんと。


遂に其の酒を飲む。蛇足を為す者、終(つひ)に其の酒を亡(うしな)ふ。

次ページ:現代語訳(口語訳)

1ページへ戻る
前のページを読む
1/3
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『高等学校 新訂国語総合』 第一学習社
『教科書 精選国語総合』 大修館書店
『教科書 精選国語総合』 三省堂
『教科書 高等学校 国語総合』 第一学習社
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 261,705 pt 
 役に立った数 192 pt 
 う〜ん数 36 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。