新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

論語『学而時習之(学びて時に之を習ふ)』解説・書き下し文・口語訳

著者名: 春樹
Text_level_1
マイリストに追加
中国の思想家孔子が述べたものを弟子たちがまとめたもの、それが論語です。ここでは、論語の第1章「学而第一」の中の「学びて時に之を習ふ」の解説をしています。論語の中でもとても有名な一説です。

白文

曰。

「学時習之。不亦説

有朋自遠方来。不亦楽乎。

人不知而不慍。不亦君子乎。」


書き下し文

子曰く、

「学びて時に之を習ふ。亦説(よろこ)ばしからずや。

朋有り、遠方より来たる。亦楽しからずや。

人知らずして慍(うら)みず、亦君子ならずや。」と。


現代語訳(口語訳)

孔子はおっしゃいました。

習ったことを機会があるごとに復習し身につけていくことは、なんと喜ばしいことでしょうか。

友人が遠方からわざわざ私のために訪ねてきてくれることは、なんと嬉しいことでしょうか。

他人が自分を認めてくれないからといって不平不満を言うことはありません。なんと徳のある人ではないでしょうか。




孔子のことを言います。論語で「子」と出てきたら孔子のことを指すので、覚えておきましょう。


置き字の1つ。読まずに、「~て」や「~だけれども」のように接続を表します。
やっかいなのは、順接と逆接、どちらの場合でも使われるという点です。見分け方は、文脈から判断するしかありません。

不亦説乎

「またよろこばしからずや」と読み、「なんと~ではないか」という疑問・反語を表しています。

君子

ここでは、徳の高い人の意で使われています。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
青空文庫http://www.geocities.co.jp/Berkeley/3776/rongo_index.html
『渋沢栄一 論語の読み方』三笠書房

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 172,113 pt 
 役に立った数 213 pt 
 う〜ん数 32 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。