新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『推敲』書き下し文・現代語訳(口語訳)と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『推敲』

ここでは、「唐詩紀事」という古典にのっている「推敲」という故事について書き下し文と現代語訳、そして文法の解説をしていきます。

ちなみにこの故事から、推敲には「文章を書いた後、字句を良くするために何回も読んで練り直すこと」という意味がつくようになりました。

原文(白文)

賈島赴挙至京。

騎驢賦詩、得「僧推月下門」之句。

欲改推作敲。引手作推敲之勢、未決

不覚衝大尹韓愈。乃具言。

愈曰、

敲字佳

遂並轡論詩久之。

書き下し文

賈島(かとう)に赴きて京に至る。

驢(ろ)に騎(の)りて詩を賦(ふ)し、「僧は推す月下の門」の句を得たり。

推を改めて敲(こう)と作(な)さんと欲す

手を引きて推敲の勢を作すも、未だ決せず。

覚えず大尹(たいゐん)韓愈(かんゆ)に衝(あ)たる。

乃(すなわ)ち具(つぶさ)に言ふ。

愈曰はく、

「敲の字佳(よ)し」と。

遂に轡(たづな)を並べて詩を論ずること之を久しくす。

次ページ:現代語訳(口語訳)

1ページへ戻る
前のページを読む
1/3
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 標準 古典B 漢文編』 第一学習社
『教科書 精選国語総合』 東京書籍
『教科書 国語総合』 桐原書店
『教科書 高等学校 国語総合 古典編』 東京書籍
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 274,021 pt 
 役に立った数 300 pt 
 う〜ん数 32 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!