新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

伊勢物語『芥川・白玉か』(昔、男ありけり。女のえ得まじかりけるを〜) わかりやすい現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
伊勢物語『芥川・白玉か』

このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の『芥川』の「昔、男ありけり。女の、え得まじかりけるを〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては「白玉か」と題するものもあるようです。

原文(本文)

昔、男ありけり。女の、えまじかりけるを、年を経てよばひわたりけるを、辛うじて盗み出でて、いと暗きに来けり。芥川といふ河をて行きければ、草の上に置きたりける露を、

「かれは何ぞ」


なむ男に問ひける。行く先多く、夜も更けにければ、鬼あるところとも知らで、さへいといみじう鳴り、雨もいたう降りければ、あばらなる蔵に、女をば奥に押し入れて、男、弓・やなぐひを負ひて、戸口にをり。はや夜も明けなむと思ひつつゐたりけるに、鬼はや一口に喰ひてけり。

「あなや」


と言ひけれど、神鳴るさわぎに、え聞かざりけり。やうやう夜も明けゆくに、見れば、率て来し女もなし。足ずりをして泣けどもかひなし

白玉か何ぞと人の問ひしとき露と答へて消えなましものを

これは、二条の后の、いとこの女御の御もとに、仕うまつるやうにてゐ給へりけるを、かたちのいとめでたく おはしければ、盗みておひて出でたりけるを、御兄堀河の大臣、太郎国経の大納言、まだ下臈にて内裏へ参り給ふに、いみじう泣く人あるを聞きつけて、とどめてとりかへし給うてけり。それをかく鬼とは言ふなりけり。まだいと若うて、后のただにおはしける時とや。

現代語訳

昔、男がいました。(高貴な)女性で、自分のものにすることができそうになかったのを、長年求婚し続けてきたのですが、(その女性を)やっとのことで盗み出して、とても暗い中(逃げて)きました。(その道中で)芥川という川を(女性を)連れて行ったところ、(女性は)草におりていた露を(見るなり)

「あれは何ですか?」

(箱入り娘で露を見たことがなかったのでしょうか)

と男に尋ねました。行先はたくさんあり、夜も更けてしまったので、鬼のいるところとも知らないで、雷さえとても激しく鳴り、雨もひどく降っていたので、(その蔵が鬼のすみかとも知らずに)粗末な蔵に、女性を押し込んで、男は弓と矢筒を背負って扉の前に座って、はやく夜が明けてほしいと思っていたところ、鬼はたちまち一口で(女性を)食べてしまいました。

「あれえ」


と(女性は)言ったのですが、雷が鳴り響いていたために(男はこれを)聞くことができませんでした。次第に夜も明けていくので、(男が蔵の中を)見てみると、連れてきた女性もいません。(男は)じたんだを踏んで泣くのですが、どうしようもありません。


あれは真珠ですか?何ですか?とあなたが尋ねてきたときに、「あれは露だよ」と答えて、(露のように)私も消えてしまえばよかった

これは、二条の后が、いとこの女御のお側に、お仕え申し上げるということで(身を寄せて)おいでになっていたのですが、(二条の后の)容貌がとてもすばらしくていらっしゃったので、(男が二条の后を)盗んで背負って出て行ったのですが、(二条の后の)兄上の堀河の大臣、長男の国経の大納言が、まだ官位が低い身分であり宮中へ参上なさるときに、ひどく泣いている人がいるのを聞きつけて、(男を)引き止めて(二条の后を)お取り返しなさったのでした。それをこのように鬼と言うのでした。(二条の后が)まだとても若くて、普通の身分でいらっしゃった時のことだとか。

次ページ:解説・品詞分解・単語とテストに出題されそうな問題

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 新編国語総合』 東京書籍
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校国語 国語総合』 東京書籍
『教科書 国語総合』 桐原書店
『教科書 精選国語総合』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 473,732 pt 
 役に立った数 680 pt 
 う〜ん数 57 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!