新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

徒然草『今日はそのことをなさんと思へど』 わかりやすい現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『今日はそのことをなさんと思へど』

このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から、「今日はそのことをなさんと思へど」(今日はその事をなさんと思へど、あらぬ急ぎ先づ出で来て紛れ暮し〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文

今日はその事をなさんと思へど、あらぬ急ぎ先づ出で来紛れ暮らし、待つ人は障りありて、頼めぬ人は来たり。頼みたる方の事は違ひて、思ひ寄らぬ道ばかりは叶ひぬ。煩はしかりつる事はことなくて、易かるべき事はいと心苦し。日々に過ぎ行くさま、かねて思ひつるにはず。一年の中も(※1)かくの如し。一生の間もまた(※2)しかなり

かねてのあらまし、皆違ひ行くかと思ふに、おのづから、違はぬ事もあれば、いよいよ、物は定め難し。不定と心得ぬるのみ、実にて違はず。

現代語訳(口語訳)

今日はそのことをしようと思うのだが、思いもよらない急用が先にできて(それに)気を取られて一日を過ごし、待ち人は差し支えがあって(来ず)、(来るのを)期待させない人は来てしまう。あてにする方面のことは(期待と)食い違い、考えが及ばない方面のことだけが思い通りになる。面倒だと思っていたことが(意外と)容易で、簡単なはずのことは(うまくいかず)とてもつらい。(このようにして)毎日が過ぎていく様は、前もって考えていたこととは異なる。1年の間もこのようである。一生の間もまたその通りである。

前からの予測が、すべて(予測と)一致しないでいくのかと思うと(そうとも限らず)、たまには、(予測と)一致することもあるので、ますます、物事は決めることが難しい。(物事はすべて)定め難いことだと理解することが、真実であり間違いがない。

次ページ:品詞分解と単語解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 新編国語総合』 東京書籍
『教科書 高等学校 国語総合 古典編』 東京書籍
『教科書 高等学校国語 国語総合』 東京書籍
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 61,477 pt 
 役に立った数 62 pt 
 う〜ん数 7 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!