新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

今物語 『桜木の精』 わかりやすい現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『桜木の精』

このテキストでは、今物語の中にある、「桜木の精」(小式部内侍、大二条殿におぼしめされけるころ〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。今物語は鎌倉時代に作られた物語です。

解説

この時期の結婚生活は、通い婚と言って、夫婦で一緒に住むのものではなく、男性が女性の家に訪ねていくというスタイルでした。また男性は妻を何人も抱えていた時代ですので、恋が終わると、男性がその女性を訪れることはなくなります。この物語のように、ずっと通って来なくなった男性を待ち続ける女性の姿を描いた作品が、古典の中には多く見られます。このことを頭にいれて読み進めてみましょう。

原文

小式部内侍、(※1)大二条殿おぼしめされけるころ、久しく仰せ言なかりける夕暮れに、あながちに恋ひ奉りて、端近くながめたるに、(※2)御車の音などもなくて、ふと入らせ給ひたりければ、待ち得て夜もすがら語らひ申しける(※3)暁方に、いささかまどろみたる夢に、糸の付きたる針を御(※4)直衣の袖に刺すと見て夢覚めぬ。

さて帰らせ給ひにけるあしたに、御名残を思ひ出でて、例の端近くながめいたるに、前なる桜の木に糸の下がりたるを、あやしと思ひて見ければ、夢に、御直衣の袖に刺しつる針なりけり。いと不思議なり。

あながちに物を思ふ折には、木草なれども、かやうなることの侍るにや。その夜御渡りあること、まことにはなかりけり。

現代語訳

小式部内侍が大二条殿に寵愛されていた頃、久しく(大二条殿からの)お言葉がなかった(時期の)夕暮れに、(小式部内侍は大二条殿のことを)一途にお慕い申し上げて、端近く(部屋の外に近いところ)で物思いにふけり続けていると、(殿がやってくるときにいつも聞こえる)車の音などもしなくて、(大二条殿が)ふと家に入っていらっしゃったので、待った末に(大二条殿を)迎えたので一晩中語らい申し上げた明け方に、ほんの少しうとうとした(ときに見た)夢の中で、糸のついた針を直衣の袖に刺しているところを見て夢が覚めました。

そして(大二条殿が)お帰りになった朝に、残して行かれた気配を思い出して、いつもの部屋の端の方で物思いにふけり続けていると、目の前にある桜の木に、糸がぶらさがってるのを、不思議に思って見てみると、夢で、直衣の袖に刺した針でした。とても不思議なことです。

一途に誰かを思うときには、草木であっても、このようなことがおこるのですね。その夜に大二条殿が訪ねてきたということは、本当はありませんでした。

次ページ:品詞分解・単語解説とテストに出題されそうな問題

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校国語 国語総合』 東京書籍
『教科書 精選国語総合』 東京書籍
『教科書 新編国語総合』 東京書籍
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 55,205 pt 
 役に立った数 38 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。