新規登録 ログイン

1_80 古典:読み解き / 古文:文章の訳/読み解き

『玉の緒よ絶えねば絶えねながらへば忍ぶることの弱りもぞする』の現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「玉の緒よ絶えねば絶えね ながらへば忍ぶることの弱りもぞする」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。ちなみにこの歌は、小倉百人一首にも編纂されています。

原文

玉の緒絶えなば絶えね ながらへ忍ぶることの弱りもぞする

ひらがなでの読み方

たまのをよたえなばたえね ながらへばしのぶることのよわりもぞする

現代語訳

(私の)命よ、絶えるのならば絶えてしまえ。このまま長く生きていれば、耐え忍ぶ力が弱って(心に秘めた恋がばれて)しまいそうだから。

解説

この歌は、後白河法皇の娘であった式子内親王(しょくしないしんのう・しきしないしんのう)が詠んだものです。この句は、「忍ぶる恋」というテーマで詠まれたものだといわれています。今で言うと「人には知られていない秘密の恋」といったところでしょうか。

「玉の緒」は命を表し、この命が「絶えるなら絶えてしまってもよい=死んでもよい」となかなか強烈な句で始まっています。ではなぜ死んでしまってもよいと式子内親王は思われたのか、その理由が歌の後半に書いてあります。

「ながらう」は「長く生きる」という意味です。「忍ぶ」には「気づかれないようにする」と「我慢する」という意味がありますが、この歌が恋の歌ということを考えると、気づかれないようにしていた恋と、その恋心を人に伝えるのを我慢しなければならないという気持ちがこめられた言葉でしょう。というのも、式子内親王は生涯独身でいなければならない身分だったために、恋をかなえることはおろか、人に伝えることができなかったのです。

そのために恋心を抑えなければならないのですが、長く生きれば生きるほど、その意志が弱ってしまいそう・・・だから命が絶えてしまってもかまわないと歌っているわけですね。

品詞分解

※名詞は省略してあります。

玉の緒
間接助詞
絶えヤ行下二段活用「たゆ」の連用形
強意の助動詞「ぬ」の未然形
接続助詞
絶えヤ行下二段活用「たゆ」の連用形
強意の助動詞「ぬ」の命令形
ながらへハ行下二段活用「ながらふ」の未然形
接続助詞
忍ぶるバ行上二段活用「しのぶ」の連体形
こと
格助詞
弱りラ行四段活用「よはる」の連用形
係助詞
係助詞
するサ行変格活用「す」の連体形

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 伝え合う言葉 中学国語3』 教育出版
『教科書ガイド 中学国語3 伝え合う言葉』日本教育システム
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 10,593 pt 
 役に立った数 9 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。