新規登録 ログイン

7_80 第2分野 / 1年:植物

「たね」のつくり

著者名: かたくり工務店
Text_level_1
マイリストに追加
種子植物は、”種”から発芽をします。この種のことを生物の用語で種子と言います。この種子のつくりについてみてみましょう。
種子のつくり

種子は種皮(はい)、胚乳(はいにゅう)の3つからなります。しかし中には胚乳のない種子もあるので、これらを区別するために、胚乳のある種子を有胚乳種子、胚乳のない種子を無胚乳種子とよぶこともあります。

種皮

種皮とは、種子をとりまいている皮のことで、種子の内部を保護する役割があります。


種子から発芽したときに新しい芽や子葉になる部分です。

胚乳

胚が芽や根になるときに必要となる栄養分をたくわえている部分です。胚のない無胚種子は、はじめから子葉の中に養分が含まれています。
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『中学理科 自由自在』受験研究社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 6,239 pt 
 役に立った数 5 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。