新規登録 ログイン

18_80 ヨーロッパの拡大と大西洋世界 / 主権国家体制の成立

フランスの主要な国王 ③ ~ブルボン朝~

著者名: レキシントン
Text_level_1
マイリストに追加
ALT

アンリ4世(在位1589~1610)

アンリ3世が暗殺されヴァロワ朝が途絶えると、フランス王に即位し、ブルボン朝の始祖になりました。
・当時旧教徒と新教徒が戦っていたユグノー戦争を終結させるため、自らユグノーからカトリックに改宗します。
・1598年、王令としてナントの勅令を発布します。これにより、新教徒と旧教徒に同等の権利が認められ、信仰の自由が生まれました。
・ナントの勅令によってユグノー戦争は終結し、アンリ4世は中央集権化や海外への拡大を行いますが、1610年にカトリック教徒に暗殺されます。

ルイ13世(在位1610~1643)

・先王アンリ4世の暗殺後に即位し、第2代国王としてブルボン朝の絶対王政を確立します。
・王権が強化され、1614年に招集された三部会を翌年1615年に解散し、その後三部会は1789年のフランス革命前まで開かれませんでした。
・宰相リシュリューを重用し、ハプスブルク家妥当のために新教側にたって三十年戦争に介入しました。
三部会は1302年にフィリップ4世が設立したフランスの身分制議会のことで、主に新規課税の是非をめぐって開かれていました。


ルイ14世(在位1643~1715)

・ブルボン朝第3代国王です。
・幼少期に即位し、王権神授説をもとに、フランス絶対王政の最盛期の王となります。「朕は国家なり」という有名な言葉を残し、太陽王と言われます。
・リシュリューの跡を継いだ宰相マザランを重用し、三十年戦争終結後のウエストファリア条約(1648年)で領土を大幅に拡大します。
・財務総監にコルベールを任命し、重商主義政策をとります。
バロック建築の代表となるヴェルサイユ宮殿を建てます。
・1685年ナントの勅令を廃止し、絶対王政を強化します。
・孫のフェリペの継承権を主張し、スペイン継承戦争に参戦します。

ルイ15世(在位1715~1774)

・ブルボン朝第4代国王です。
・度重なる海外戦争により、フランスの財政が傾いていきます。
・この時代、啓蒙思想が発達し、ヴォルテールの『哲学書簡』、モンテスキューの『法の精神』、ルソーの『社会契約論』など、その後のフランス革命につながる思想が生まれました。

ルイ16世(在位1774~1792)

・ブルボン朝第5代国王です。
・マリア・テレジアの娘、マリー・アントワネットと結婚します。
・1778年にアメリカ独立戦争を支援したため、フランスの国家財政が破綻します。
・財政健全化のため、テュルゴーネッケルを重用しますが、三部会招集後反発にあい、特権身分の課税が失敗に終わります。
・国王、第一身分(聖職者)、第二身分(貴族)、第三身分(平民)というアンシャンレジームに批判がおこります。
・1789年7月、バスティーユ牢獄襲撃をきっかけにフランス革命が勃発します。
ヴェルサイユ行進でパリに連行されます。
・1791年、国王はオーストリアへの亡命を図りヴァレンヌ事件を起こし国民の信頼を失います。
・1792年、山岳派がサンキュロットと義勇兵に呼びかけ、王の居城テュイルリー宮殿を襲うという八月十日事件が発生。その後国王一家はタンプル塔に幽閉され、王権が停止され、第一共和制が始まります。
・1793年、国民公会による裁判で国民への敵対行為の名目で死刑判決を受け、ギロチンで処刑されます。

ルイ18世(在位1814~1824)

・ナポレオン失脚後、復古王政としてブルボン朝を復活させました。
・処刑されたルイ16世の弟です。
・この時代、タレーラン正統主義を唱え、フランスの領土保全を図ります。
・ナポレオンが百日天下で戻った時には亡命し、ナポレオンの流刑後復位します。

シャルル10世(在位1824~1830)

・復古王政ブルボン朝の最後の国王です。
・ルイ18世の弟です。
・貴族や聖職者などを保護し、亡命貴族を援助するなど、反動政治を行います。
・1830年国内の不満をそらすため、アルジェリア出兵を行います。
・同年、自由主義者が多かった議会を解散し、地主以外の参政権を廃止、言論統制を行うとした七月勅令を発布します。
・七月勅令に反発した市民が蜂起し、七月革命が勃発。シャルル10世はイギリスに亡命し、ブルボン朝は途絶えました。
・七月革命の結果、オルレアン家出身のルイ=フィリップが王位につき、七月王政が始まります。
・ルイ=フィリップも即位後反動政治を行ったため、二月革命が起こり、王は亡命し、第二共和政が始まりました。
Tunagari_title
・フランスの主要な国王 ③ ~ブルボン朝~

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『世界史B 用語集』 山川出版社
『教科書 世界史B』 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 13,510 pt 
 役に立った数 7 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。