新規登録 ログイン

7_80 第1分野 / 1年:力と圧力

アルキメデスの原理の簡単な説明

著者名: かたくり工務店
Text_level_3
マイリストに追加
アルキメデスの原理

皆さんは、なぜ船が海に浮くのかと疑問に思ったことはありませんか?「自分が海に飛び込んだら沈むのに、自分よりも重たい船はなぜ沈まないのだろうか?」と。
ALT


この疑問を解決してくれるのがアルキメデスの原理です。古代ギリシャのアルキメデスという人が発見した法則です。アルキメデスの原理を説明するために、お風呂に入るときのことをイメージしてください。

まず湯船いっぱいにお湯をはります。そしてその中に、頭までつかってみましょう。当たり前ですが、お湯はあふれ出てきます。このあふれ出たお湯の重さを量ってみると、湯船につかっているあなたの体重と同じ重さになります。つまり物体が水に入ると、入った物体の重さの分だけ水が押し出されるということです。

そして水につかったあなたの体は、あなたが押し出した水の重さに等しい浮力を受けることになります。押し出せば押し出したほど、大きな浮力を受けるということですね。浮力を大きくするためには、重さと浮力を受ける面積が大きいということが必要になってきます。

あなたが海に沈んで船が海に沈まない理由はここにあったんですね。これは水中だけではなく、空気中でも起こる現象です。このことをアルキメデスの原理と言います。

アルキメデスの原理とは、物体は、その物体が押し出した水の重さに等しい浮力を受けるという法則のこと

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『中学理科 自由自在』受験研究社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 127,257 pt 
 役に立った数 162 pt 
 う〜ん数 53 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。