新規登録 ログイン

1_80 古典:読み解き / 古文:文章の訳/読み解き

『東の 野に炎の 立つ見えて かへり見すれば 月傾きぬ』現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

このテキストでは、万葉集で詠まれている「東の 野に炎の 立つ見えて かへり見すれば 月傾きぬ」という歌について説明していきます。

原文

東の 野に炎の 立つ見えて かへり見すれば 月傾きぬ

現代語訳

東の方が、朝陽が昇ってくるので赤くなっているが、後ろを振り返って(西の方角を)見てみると、月が沈もうとしている。

解説

この句は、柿本人麻呂によって詠まれた句です。柿本人麻呂は飛鳥時代の歌人で、山部赤人とともに歌聖と呼ばれています。

東は「ひむがし」と読みます。東の野に「炎」が立っているのが見えると詠んでいますが、この「炎」とは「輝く光」のことです。つまり東の野が輝いて光って見えると言っているのですね。ではなぜ光って見えるのかというと、東から太陽が昇ってきたからです。つまり朝になろうとしているタイミングですね。このタイミングで西の方角を見てみたら、月が傾いて沈もうとしていたよと続いているわけです。




Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 中学校国語3』 学校図書
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書ガイド 中学校国語 国語3年』文理

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 28,922 pt 
 役に立った数 24 pt 
 う〜ん数 14 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。