新規登録 ログイン

11_80 文法 / 関係詞

複合関係副詞"however"の使い方

著者名: 茶ップリン
Text_level_1
マイリストに追加
複合関係副詞"however"

このテキストでは、複合関係副詞"however"の使い方についてみていきましょう。"however"には"しかしながら"という意味がありますが、ここではそれとは違った用法について扱います。同じ複合関係副詞である"whenever"や"wherever"に比べて使い方は1通りだけですので、比較的覚えやすい語句になると思います。

どんなに~でも

However long it takes, I will wait.
※たとえどれだけ時間がかかっても、私は待ちます。

"however+形容詞(または副詞)"で"どんなに~でも"と訳します。("however"のうしろに形容詞や副詞を伴わない場合もあります)。
他の複合関係副詞と同様に、次のように書き換えることが可能です。

however = no matter how
Tunagari_title
・複合関係副詞"however"の使い方

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『総合英語MAINTOP』 生田省三著 山口書店
『高校総合英語 Forest』 桐原書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 14,500 pt 
 役に立った数 3 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。