新規登録 ログイン

11_80 文法 / 不定詞

不定詞を否定にする方法

著者名: 茶ップリン
Text_level_1
マイリストに追加
不定詞の否定

このテキストでは、不定詞を否定にする方法を説明します。とりあえず例文をみてみましょう。

He promised me not to tease me again.
※彼は二度と私をからかわないと約束しました。


不定詞の否定とは、例文のように~しないように不定詞の部分だけをピンポイントで否定するテクニックのことです。気をつけたいのは、このテキストで述べているのは否定文を作るのではなく、不定詞の否定の形を作る方法について説明しているという点です。否定文であれば"He didn't promise me to tease me again."として、「彼は二度と私をからかわないとは約束しなかった」とすればいいのですが、ここで説明しているのはこういうことではありません。

不定詞を否定するためには、"not"や"naver"といった語句を"to+動詞の原形"の直前におけばOKです。
不定詞の否定とは"not+to+動詞の原形"


Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『高校総合英語 Forest』 桐原書店
『総合英語MAINTOP』 生田省三著 山口書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 5,616 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!