新規登録 ログイン

11_80 文法 / 助動詞

"may"と"might"の違い

著者名: 茶ップリン
Text_level_1
マイリストに追加
"might"の登場

前回のテキストで見たように、mayは「~してもよい」という許可の意味をもつ助動詞でしたね。
これから説明する"might"("マイト"と読みます)はmay"の過去形です。しかし、"may"の過去の意味を表わさずに、mayよりも更に丁寧な表現や、「ひょっとしたら~かもしれない」とを表現したいときに使います。
超ていねいな文

1:Might I come in?
※入ってもよろしいでしょうか?

ただでさえ「May I come in?」で丁寧な文なのに、"might"を使うことで、さらに丁寧な文になります。
ひょっとしたら~かもしれない

2:The goods might arrive tomorrow.
※製品はひょっとしたら明日つくかもしれません。

例文2のように、ひょっとしたら~かもしれないを表現したいときにも、この"might"を使います。文法用語では、可能性の低い推量・推定を表すと言います。
Tunagari_title
・"may"と"might"の違い

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『600 BASIC ENGLISH SENTENCES』 鹿児島県高等学校教育研究会英語部会編
『総合英語MAINTOP』 生田省三著 山口書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 9,659 pt 
 役に立った数 5 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!