新規登録 ログイン

18_80 アジア・アメリカの古代文明 / インドの古代文明

仏教の歴史 ~バラモン教とブッダ~

著者名: エンリケ航海王子
Text_level_2
マイリストに追加

仏教の誕生

仏教は、開祖ガウタマ=シッダールタ(紀元前566年~紀元前486年頃)によって成立した宗教です。

シッダールタは裕福なシャカ族の生まれで、クシャトリヤでした。29歳の時に自らの身分を捨てて出家し、ブッダガヤの菩提樹の下で悟りを開き、仏教を創始します。

ALT

(シッダールタと菩提樹)

悟りを開いた後は、ブッダ(仏陀:真理の悟りを得た者)やシャーキャムニ(釈迦牟尼:シャカ族出身の聖者)などの尊称で呼ばれます。

彼は80歳で亡くなるまで各地を訪れ布教に努めます。

仏教の教義

仏教の教義の中心は、諸行無常であるといわれています。
諸行無常とは、この世の一切は常に流転していて、一瞬たりとも同じ同じ状態は存在しないというものです。

仏教では、中道(正しい生き方)をすることや八正道の実践、煩悩を取り払うことによって悟りを開き、人生の「苦」からの解脱を目指します。

仏教ではヴァルナを否定し、人間の平等を説いたため、さまざまな人々が信者となっていきました。
1ページへ戻る
前のページを読む
2/3
次のページを読む

Tunagari_title
・仏教の歴史 ~バラモン教とブッダ~

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 世界史B』 山川出版社
『詳説世界史研究』 山川出版社
『世界史B 用語集』 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 55,567 pt 
 役に立った数 37 pt 
 う〜ん数 4 pt 
 マイリスト数 36 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。