新規登録 ログイン

1_80 古典:読み解き / 古文:文章の訳/読み解き

平家物語 扇の的(国語2)

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

ALT

平家物語によると、
「磯へ七、八段ばかりになりしかば、舟を横さまになす」


ということで、那須与一から扇の的までの距離は75m~85mあたりといったところでしょうか。

矢を射るまでの心境

2月18日の夕方6時ごろ(酉の刻)のことでした。ちょうど北風が激しく吹いて、海岸を打つ波も高くなっていました。(与一からすれば北風は向かい風になります。)

扇が立てられている船は、強い波であがったりさがったりしているので、的である扇も、それと一緒に動いており、なかなか狙いが定まりません。沖には平氏たちが一面に船を並べて見物しています。陸では源氏が馬をならべて見守っています。どちらとも晴れがましい光景です。

与一は目を閉じて念じています。
「南無八幡大菩薩、私の故郷の神である日光の権現様、宇都宮大神、那須の湯泉大明神よ、お願いします。あの扇の真ん中を射させてください。もし失敗したら、私は弓を折って、自ら命を絶って、再び人の前に現れることはありません。もし、私をいま一度故郷へ向い入れてくださるのなら、この矢をはずさせないでください。」と。


閉じていた目を見開いてみると、風も少しはやわらいで、扇も狙いやすくなっていました。

矢を放ちます

与一は矢をとって引き放ちました。与一は体格が小柄でしたが、矢は十二束三伏(こぶし12握りの幅に指3本の幅を加えた長さ)の長さで、弓は強いものを使っていました。

矢は海一帯に響くほどの音をたてて、扇の要から一寸(約3cm)のところを間違うことなく射ました。矢は海に落ち、扇は空へと舞い上がり、風に一もみ二もみされてから海に散り、夕日の輝く白い波の上に漂っています。平氏は船端をたたいて感嘆し、源氏はえびらをたたいてどよめいていました。あまりの面白さに我慢できなかったのでしょう。平氏の船から50歳ぐらいの武将が出てきて、扇の立ててあったところで舞を踊り始めました。

そのとき、伊勢三郎義盛が与一のところに歩み寄って、「義経様の命令だ。あいつを狙え。」と命じたので、与一は、今度は中差をとって十分に弓を引いてから男を狙って矢を射ました。矢は男の頚骨を射抜き、男は船底へと倒れました。

これをみた平氏方はしーんと静まり返って音もしません。一方で源氏勢は再びえびらをたたいて歓声をあげました。

「よく射抜いた!」とほめたたえる者がいれば、「"情け"のないことを」という者もいたということです。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
教科書『国語2』 光村図書
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 46,708 pt 
 役に立った数 70 pt 
 う〜ん数 15 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。