新規登録 ログイン

7_80 第1分野 / 1年:気体の性質/水溶液

どの物質も溶ける量が決まっている

著者名: かたくり工務店
Text_level_1
マイリストに追加
溶解度

塩を水に溶かして食塩水をつくってみましょう。最初はいきおいよく溶けていきます。でもだんだんと、塩は溶けなくなって、しまいには溶けずに容器の底にたまってしまいますよね。

コーヒーをいれるときも同じです。コップの中に入ったコーヒーの粉にお湯をそそぐところをイメージしてみましょう。お湯が足らなかったら、溶け切らずにコップの底にたまっていますよね。

このように、物質には溶ける量に限界があります。そしてこの限界は、物質を溶かす溶媒の量や温度によって変わっていきます。(溶媒とは、物質を溶かす物のことです。さっきの例でいくと食塩水だったら「水」、コーヒーだったら「お湯」)

ある温度で、物質を溶媒に溶かしていって、「もうこれ以上溶けない!」という限界点まで溶けた状態のことを飽和(ほうわ)と言います。そして飽和の状態にある溶液のことを飽和溶液と言います。
また、限界まで溶けた物質の量のことを溶解度と言います。例えば、『100gの水に対する食塩の溶解度は39,8』ということは、食塩は100gの水の中に再考で39,8g溶けるということになります。
計算してみましょう

以上のことをふまえて、次のような問題がよく出てきます。
100gの水に対してAという物質の溶解度は20です。このとき、飽和水溶液の濃度を求めなさい


言葉が難しいので「なんじゃこりゃー!」となりがちですが、よーく見てみると、特別なことは言っていません。少し文章を簡単な言い回しで書き変えてみましょう。

Aという物質は、100gの水に20gまで溶けます。Aが20g溶け切ったときの水溶液の濃度を求めなさい


こう考えてみたらどうでしょうか。さっきよりもわかりやすくなったと思います。水溶液の重さは物質Aが水100gに溶けたので120gです。溶質は20gですので

20÷120×100≒16,7%

となります。
溶媒、溶質、溶液、溶解度、飽和。言葉の意味をしっかり覚えましょう!

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『自由自在 中学理科』 受験研究社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 30,587 pt 
 役に立った数 16 pt 
 う〜ん数 8 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。