新規登録 ログイン

23_80 化学基礎:物質の構成 / 化学基礎:イオンとイオン結合

金属のイオン化傾向

著者名: 清原拓馬
Text_level_1
マイリストに追加
金属のイオン化傾向

金属単体が水溶液中で電子を放出し、陽イオンになろうという性質を、イオン化傾向という。

金属のイオン化列
|K|Ca|Na|Mg|Al|Zn|Fe|Ni|Sn|Pb|(H2)|Cu|Hg|Ag|Pt| Au
貸そう か な ま あ あ て に すん な ひ ど す ぎ 借 金
大←―――――――――イオン化傾向―――――――――→小
←陽イオンになりやすい = 酸化されやすい = 還元剤になりやすい


※さらに詳しくイオン化傾向をみると次のようになりますがここまで覚える必要はないはずです。
Li K Ba Sr Ca Na Mg Al Mn Zn Cr Fe Cd Co Ni Sn Pb (H2) Cu Hg Ag Pt Au
練習

硫酸銅CuSO4水溶液に亜鉛Znを入れるとどうなるか?

硫酸銅水溶液内では
Cu^2+ SO4^2- とイオンになっていて
イオン化傾向はZn>CuだからZnのほうがイオンの状態でいたい。なのでZnが溶解し、
Zn → Zn^2+ + 2e^-
Cu^2+ + 2e^- →Cu
というふうになりCuは析出するというわけです。
では逆に硫酸亜鉛ZnSO4に銅Cuを入れるとどうなるか。
答えは簡単イオン化傾向がZn>Cuなので何も起こりません。
Tunagari_title
・金属のイオン化傾向

Related_title


Keyword_title

Reference_title
なし

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 13,286 pt 
 役に立った数 11 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。