新規登録 ログイン

23_80 化学基礎:物質の変化 / 化学基礎:酸化還元反応

酸化数

著者名: 清原拓馬
Text_level_1
マイリストに追加
酸化数


①単体中の原子の酸化数はすべて0
 (例)H2 Cl2 Fe →すべて
②単原子イオンの酸化数はイオンの電荷と等しい
 (例)Fe^(2+) →+2  Cl^- →-1
③化合物中のアルカリ金属元素 → +1
         アルカリ土類金属元素 → +2
         アルミニウム → +3
 (例) NaHCO3 → +1 Ca(OH)2 → +2 Al2O3 →+3
④化合物中のH原子 →+1
         O原子 →-2
  (例外) H2O2 →-1  NaH →-1
⑤多原子イオンの酸化数の総和はイオンの電荷と等しい
 (例) OH^- → (-2)+(+1)=-1

         酸化         還元 
Oに注目    受け取る        失う
Hに注目     失う        受け取る
電子に注目   失う         受け取る
つまり・・・
元の原子の状態・・・酸化数0
電子を1個受け取った(還元された)状態・・・酸化数-1
電子を1個失った(酸化された)状態・・・酸化数+1
酸化数が増加する→酸化
酸化数が減少する→還元

<考え方>
反応を起こす場合、共有電子対は電気陰性度の大きいほうの原子とともに移動するのがふつうなので、共有電子対は電気陰性度の大きいほうの原子の所有と考えて酸化数を計算する。
と、書くと難しく感じる。
しかし基本的には上の例外を除くとHは+1 Oは-2 になるのでそこから考えていけばよい。
Tunagari_title
・酸化数

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
駿台予備校テキスト

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 14,505 pt 
 役に立った数 11 pt 
 う〜ん数 7 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。