新規登録 ログイン

17_80 中世の社会・文化と東アジア / 鎌倉時代

鎌倉時代の仏教「浄土真宗」親鸞

著者名: zed
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

鎌倉時代になると、いろんなタイプの仏教が登場します。
ここでは親鸞の開いた浄土真宗について説明しましょう。
ALT


浄土真宗

浄土宗との違い

まず、よく悩むのが浄土宗浄土真宗との違いです。浄土宗は法然がはじめた仏教の一種ですが、親鸞はこの法然の弟子にあたります。ですので、浄土宗をさらに発展させたものが浄土真宗と言ってよいでしょう。ですので、浄土宗の他力本願という考え方は、浄土真宗にも引き継がれています。法然がひたすら念仏を唱え続けることを進めたのに対し、親鸞は心の中でひたすら思い続けることを提唱しました。

悪人正機説

浄土真宗を語るためにはこの悪人正機説という考え方を説明しなければなりません。
親鸞は、自分の力で修行をつんで満足を得られた人ではなく、悩みに悩んで、自分が悪人ではないのかと悩み続けている人たちが本当に救われると考えていました。この考えを悪人正機説と言い、歎異抄という本にその考え方が書かれています。

また親鸞が書いた本として、教行信証も覚えておきましょう。これは浄土真宗の教典にあたります。
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 新倫理 改訂版』 清水書院
『日本史用語集』 山川出版
『もういちど読む 山川倫理』小寺聡 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 10,072 pt 
 役に立った数 3 pt 
 う〜ん数 3 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!