新規登録 ログイン

17_80 中世の社会・文化と東アジア / 鎌倉時代

鎌倉仏教 鎌倉時代に登場した宗教のまとめ

著者名: zed
Text_level_1
マイリストに追加
鎌倉時代の新仏教の開祖者たち 

鎌倉時代になると、のちに鎌倉仏教という用語が誕生するように、様々な形の仏教が登場してきます。
ここでは法然親鸞一遍日蓮道元栄西の6人についてまとめてあります。

開祖宗派思想備考
法然浄土宗他力本願口で仏の名を唱える称名念仏
親鸞浄土真宗他力本願「自らの悪を見つめられる人こそ救われるべき」とする悪人正機説
一遍時宗他力本願踊り念仏
日蓮日蓮宗題目南無妙法蓮華経と唱える法華経
道元曹洞宗自力信仰ひたすら座禅の修行に打ち込む只管打座
栄西臨済宗自力信仰日本で初めての禅宗を開いた



     
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『倫理ノート 新課程用』小寺聡 山川出版社
『教科書 新倫理 改訂版』 清水書院
『もういちど読む 山川倫理』小寺聡 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 51,416 pt 
 役に立った数 69 pt 
 う〜ん数 15 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!