新規登録 ログイン

4_80 古代までの日本 / 飛鳥時代・奈良時代

乙巳の変(いっしのへん・おっしのへん)とは

著者名: 早稲男
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

このテキストでは、645年に起こった乙巳の変(おっしのへん・いっしのへん)ついて説明をしていきます。年号とともに覚える名前がいくつかありますので、しっかりと覚えておきましょう。
乙巳の変

乙巳の変とは、中大兄皇子(なかのおおえの おうじ)と中臣鎌足(なかとみ の かまたり)が、当時の実力者だった蘇我蝦夷(そがのえみし)・蘇我入鹿(そがのいるか)をたおした事件です。

蘇我氏のわるさ

蘇我入鹿のおじいさんである蘇我馬子は、聖徳太子ととても上手に政治を取り仕切っていました。しかし、聖徳太子・蘇我馬子が亡くなると、大豪族であった蘇我氏の勢いをとめられる皇族は誰もいなくなってしまいました。

すると、馬子の子供(孫)であった蘇我蝦夷・入鹿の親子は自分たちのやりたい放題に政治をはじめます。
自分たちの考えで舒明天皇を天皇の地位につけ、次の天皇の有力候補であった山背大兄王(やましろおおえのおう)を自殺においこみました。
また、政治家たちも自分たちに有利になるような人物を採用して、独裁政権を作り上げたのです。

中大兄皇子と中臣鎌足の登場

それをよく思っていなかったのが、蘇我氏にはじかれてしまった貴族や豪族たちです。
なかでも中大兄皇子中臣鎌足はすぐに行動にでて、蘇我入鹿をたおすことに成功しました。

入鹿をたおされた蝦夷は、自分の家に火をつけて自害してしまいます。
こうして、蘇我氏の栄華はおわりをむかえることになりました。

ちなみに平安時代によくでてくる「藤原氏」という一族があるのですが、この藤原氏は中臣鎌足の子孫です。先祖がこのタイミングで活躍したからこそ、平安時代に藤原氏が活躍することができたのですね。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『新しい社会 歴史』 東京書籍
『日本史用語集』 山川出版
『教科書 詳解 日本史B』 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 20,359 pt 
 役に立った数 20 pt 
 う〜ん数 3 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。