新規登録 ログイン

12_80 数と式/集合 / 多項式の加法・減法・乗法

数式の略し方 掛け算 割り算

著者名: OKボーイ
Text_level_1
マイリストに追加
数式の略し方 掛け算 割り算

とても長い計算式を解くときに、毎回毎回×÷を書いていると、いくら時間があっても足りなくなってくることがあります。
この×÷を含んだ計算式を、より簡単に表示する方法がありますのでそれを説明します。
1:掛け算の式

「a×b」という掛け算の式があったとしましょう。このとき「a×b=ab」と、×を省いて短く表示することが可能です。

では「a×(b+3)」の場合はどのように表示できるでしょうか。
同じように×を省いて「a×(b+3)=a(b+3)」と表示することができます。いかがですか?簡単ですね。
2:同じ文字を何度もかける場合

同じ文字を何回もかけるときいて「?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。
例をあげてみましょう。例えば


のような場合です。2を4回掛けていますね。このような計算式の場合、×と何回も書かなければいけません。
これを簡便にすると、と表すことができます。
2を4乗(じょう)するといいます。2を3回かける場合は(2の3乗)になります。
ちなみに2を1回かけるという場合(あまりありませんが)はと表せます。
3:文字と数字が入り組んだ式の場合

文字と数字が入り組んだ式とはのような式のことです。
これらをまとめると、それぞれ

となります。
文字と数字がある場合、数字を優先して文字の前に出すことが決まりですので忘れないでおいてください。
4:割り算の計算式

最後は割り算の省略についてです。割り算は、分数式に治すことで簡便に書き直すことができます。
という式があったとします。
例えばみなさんは、

としますよね?

それと同じように

と表せるのです。


いかがでしたでしょうか?
省略できるものは省略した方が、計算のスペースもとりませんし、書く文字が減ってきますので計算の速度も上がってきます。覚えておいて損はないはずです。
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『中学数学 自由自在』受験研究社
『教科書 数学Ⅰ』 数研出版
『チャート式 数学ⅠA』 数研出版 

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 5,557 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。