新規登録 ログイン

20_80 現代日本の政治や経済の諸課題 / 産業構造・中小企業(国内)

中小企業が抱える問題

著者名: モンテスQ
Text_level_1
マイリストに追加
中小企業

企業にはざっくりわけて2種類あります。大企業中小企業です。
その線引は微妙なところですが、中小企業基本法によると以下の条件にあるものが中小企業と定められています。

従業員数資本金例えば
製造業300人以下3億円以下自動車メーカー、電気メーカーなど
卸売業100人以下1億円以下製造業と小売業の間に入る産業
小売業50人以下5000万円以下スーパーなど
サービス業100人以下5000万円以下レストラン、教育など


大企業と中小企業との関係

大企業と中小企業は下請けの関係にあることが多いです。
例えば車を販売している大企業Aがあったとします。このとき、A社はすべての部品を自社で製造するのではなく、ねじはネジ専門の会社へ、タイヤはタイヤ専門の会社へ部品を発注します。
つまり大企業と中小企業は持ちつ持たれつの関係で成り立っているんですね。
中小企業の抱える問題

経済の二重構造

先ほど大企業と中小企業は持ちつ持たれつの関係とは書きましたが、生産性、労働条件や福利厚生などをみてみると、大企業の方が圧倒的に充実しているのが現実です。

このように大企業と中小企業との間で見られる経済格差のことを経済の二重構造と言います。
生産拠点を海外へ移動

国内で部品を揃えるよりも、海外で生産するほうが安いということで、大企業の多くは海外(中国やタイのような東南アジア諸国)へと生産拠点を移しています。これによって、下請けでまかなわれていた中小企業の仕事は激減し、大企業と中小企業とでの格差はさらに増しています。

Keyword_title

Reference_title
『シグマベスト 理解しやすい現代社会』 黒川和美編著 文英堂
『現代社会 用語集』山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 7,261 pt 
 役に立った数 8 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。