新規登録 ログイン

20_80 民主政治の基本原理と日本国憲法 / 国会・内閣・裁判所・地方自治

日本の政治機構と三権分立

著者名: John Smith
Text_level_1
マイリストに追加
三権分立とは

ALT

三権分立とは、政府の権力を分散させ、相互に抑制や均衡を保つことで、権力の暴走を防ぐ仕組みのことです。

具体的には、国会は立法権、内閣は行政権、裁判所は司法権という権力を有しています。

国会と内閣

日本は、イギリスの制度を元にした議院内閣制を取り入れていて、内閣は国会の信任に基づき、成立しています。

内閣に対する国会の機能は以下になります。

内閣総理大臣の指名(任命は天皇の国事行為)

衆議院の内閣不信任決議

衆議院・参議院の国政調査権


一方、国会に対する内閣の機能は以下になります。

衆議院の解散権


国会と裁判所

国会の裁判所に対する機能は次のようなものです。

裁判官の罷免を決定する弾劾裁判所の設置

司法行政への国政調査権


一方、裁判所の国会に対する機能は以下になります。

憲法違反をチェックする違憲審査権


内閣と裁判所

内閣の裁判所に対する機能は次のようなものです。

最高裁判所長官の指名(任命は天皇の国事行為)

最高裁判官の任命(認証は天皇の国事行為)

最高裁が作成した名簿の下級裁判所裁判官の任命


裁判所の内閣に対する機能は次のようなものです。

違憲審査

行政訴訟の裁判権


Related_title


Keyword_title

Reference_title
『政治経済用語集』 山川出版社
教科書 『政治経済』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 7,786 pt 
 役に立った数 2 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。