新規登録 ログイン

18_80 イスラーム世界の形成と拡大 / イスラーム帝国の成立

アラブ帝国とイスラム帝国 ~ウマイヤ朝とアッバース朝の違い~

著者名: John Smith
Text_level_1
マイリストに追加
アラブ帝国とイスラム帝国

歴史的に見て、正統カリフ時代からウマイヤ朝までをアラブ帝国と呼び、次のアッバース朝イスラム帝国というのですが、この違いはどこから来るのでしょう。

ご存知の通り、イスラム教の創始者ムハンマドはアラブ人のクライシュ族の出身でしたし、イスラム世界はアラブ人の間に広まり、大きな勢力となっていきました。

ウマイヤ朝によるアラブ人優遇政策

ムハンマドの死後、4人の正統カリフ時代を経て、ムアーウィヤウマイヤ朝を建国すると、ウマイヤ家はカリフを世襲するようになります。

同時に、ウマイヤ朝はアラブ人ムスリムに優遇政策を行いました。

免税の特権や、年金支給、重要な官職をアラブ人で独占するなど、次第に非アラブ人のムスリム(マワーリー)に不満が溜まって行きました。

このアラブ人優遇政策があったため、この時代のウマイヤ朝までをアラブ帝国というのです。

アッバース朝の成立

ウマイヤ朝は、シーア派や非アラブ系ムスリムの不満が募り、次第に弱体化して行きました。

こうした状況を利用し、メッカのハーシム家のアブー=アルアッバースがウマイヤ朝を倒し、新たにアッバース朝を開きます。

アッバース朝は、その後アラブ人の様々な特権を停止し、イスラム教徒間における平等を実現しました。

この時以降、アラブ人以外のムスリムにも平等に機会が与えられ、アッバース朝以降、アラブ帝国からイスラム帝国へと転換が実現したのです。

ウマイヤ朝とアッバース朝の比較を表にしてみます。

 アラブ人非アラブ人
ウマイヤ朝免税特権・年金支給・官職独占イスラムに改宗してもジズヤ(人頭税)やハラージュ(地租)を負担
アッバース朝アラブ人の免税特権廃止・年金廃止・地租負担イラン人など非アラブ人ムスリムの登用・人頭税廃止・地租負担

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『世界史B 用語集』 山川出版社
『教科書 世界史B』 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 35,772 pt 
 役に立った数 59 pt 
 う〜ん数 3 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。