新規登録 ログイン

7_80 第1分野 / 3年:化学変化・イオン

イオン化傾向の大きい金属

著者名: 藤山不二雄
Text_level_1
マイリストに追加
イオン化傾向

金属は溶液に混ぜると陽イオンとなって溶液に溶けます。
このイオンになる性質のことをイオン化傾向と言いますが、金属の中にもイオンになりやすいものがあれば、イオンになりにくいものもあります。イオンになりやすいことをイオン化傾向が大きいと言います。
イオン化傾向が大きい金属

よく出題される金属を、イオン化傾向が大きい順に並べてみます。

K(カリウム)>Ca(カルシウム)>Na(ナトリウム)>Mg(マグネシウム)>Al(アルミニウム)>Zn(亜鉛)>Fe(鉄)

続き
Fe(鉄)>Sn(すず)>Pb(鉛)>(H(水素))>Cu(銅)>Hg(水銀)>Ag(銀)>Pt(白金)>Au(金)

水素は金属ではありませんが、基準として書いてあります。
金属どうしを反応させたらどうなるのか

イオン化傾向が大きい金属とイオン化傾向が小さい金属を反応させると、イオン化傾向が大きい金属は陽イオンとなり、イオン化傾向が小さい金属は原子となります。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『中学理科 学研パーフェクトコース ; 3』学研教育出版 2012

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 11,284 pt 
 役に立った数 6 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。