新規登録 ログイン

6_80 私たちと経済 / 金融の働き

円高と円安って?

著者名: ピタゴラス3世
Text_level_1
マイリストに追加
円高と円安

TVや新聞などで、「円高が進みすぎているので円安にしたい」なんて耳にすることがあるかもしれません。この円高と円安について説明していきましょう。
為替相場

まず円高・円安の話をすr前に、為替相場について勉強しましょう。
アメリカと取引をするときに、円と米ドルの価値は異なるので、1ドルあたりいくらなのかを決める必要があります。1ドルあたり何円なのかを為替相場(またはレート)と言います。
円高と円安

数年前なでは1ドルあたり100円の交換レートでしたが、2012年7月現在、1ドルあたり80円を下回るようになっています。(区切りよくここでは80円としましょう。)では1ドル100円が1ドル80円になったので円安か、というとそうではありません。

1ドル100円で買えていたものが、1ドル80円で買えるようになったのです。みなさん、これはどう感じますか?「100円のものが80円に!?ラッキー」となりますよね?

つまり、円の価値が強くなったということです。円の価値が強くなることを円高と言います。逆に80円で買えたものが100円になってしまった。このように円の価値が弱くなってしまうことを円安と言います。

円高ということは、海外のものが安く買えるようになるので、海外旅行に行きやすくなったり、輸入業がもうかるようになります。一方で海外から日本への旅行者は減り、輸出業は低迷してしまいます。

Related_title


Keyword_title

Reference_title
『自由自在中学社会 : 地理・歴史・公民』増進堂・受験研究社 2012
『中学公民 学研ニューコース』学研教育出版 2012

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 11,197 pt 
 役に立った数 12 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。