新規登録 ログイン

6_80 私たちと経済 / 市場経済のしくみ

インフレとデフレ

著者名: ピタゴラス3世
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

「今の日本はデフレが続いている」なんてニュースで耳にされる方も多いかと思います。ここではインフレーション(インフレ)とデフレーション(デフレ)について説明しましょう。
インフレーション

まずインフレーションです。略してインフレとも言います。インフレーションとは、物価の上昇が続いて、お金の価値が下がることです。

去年100円で買えたAという製品が、今年はインフレの影響で200円でないと買えないとなったとしましょう。
このときAの価格が2倍になった、もしくはお金の価値が2分の1になったと考えます。よく、「インフレとは物価の上昇のことである」とだけ覚えている方がいますが、「お金の価値が下がる」ということもあわせて覚えておきましょう。

当たり前ですが、インフレになると物価が上昇するので、私たちの家計が圧迫されます。
デフレーション

続いてデフレーションです。略してデフレとも言います。デフレーションとは、物価の下落が続いて、お金の価値が上がることです。

先ほどと同じように考えてみましょう。
去年100円で買えたBという製品が、今年はデフレの影響で50円で買えるようになりました。Bの価格が2分の1になった、もしくはお金の価値が2倍になったと考えることができます。

デフレになると商品の価格が下がるので、企業の収益が減ります。その結果、力のない企業は人員を削減し、失業率の上昇、不景気に突入というまさに現在の状況に陥ってしまいます。
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『自由自在中学社会 : 地理・歴史・公民』増進堂・受験研究社 2012
『中学公民 学研ニューコース』学研教育出版 2012

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 11,218 pt 
 役に立った数 9 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。