新規登録 ログイン

22_80 国際社会に生きる日本人としての自覚 / 日本における儒教(朱子学/陽明学/古学など)

朱子学の登場

著者名: zed
Text_level_1
マイリストに追加
朱子学の登場

戦国時代は徳川家によっておさめられ、時代は江戸時代へと変化していくことになります。
江戸幕府は、戦国時代へと戻らないように(つまり他の武将から謀反をおこされないように)、様々な方法で国の整備を行なっていきます。外様大名を江戸から遠ざけた位置に領地替えさせたことや士農工商の身分制度を作り、安定した封建社会を作ったこともその一環です。

そんな中で、武士が学ぶべき学問というものも変化しました。信仰や武力ではなく、道徳や礼儀によって社会秩序を守ろうとする朱子学が盛んになります。
朱子学とは

日本の朱子学は藤原惺窩(ふじわらせいか)によって確立され、弟子の林羅山の手によって幕府に取り入れられるようになります。
ALT

林羅山

林羅山は、空は高く地は低いのように、万物には必ず上下があると考えました。これは人間社会においても同じで、父と子や主君と家来のように、上に来るものを敬わなければならないと説いたのです。この考え方は上下定分の理と言い、幕府の考える秩序と一致するものだったのです。

ちなみにこの林羅山ですが、方広寺証明事件の火付け役であるとも言われています。
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『倫理 用語集』 山川出版社
『もういちど読む 山川倫理』小寺聡 山川出版社
『倫理ノート 新課程用』小寺聡 山川出版社
『教科書 新倫理 改訂版』 清水書院

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 5,020 pt 
 役に立った数 3 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。