新規登録 ログイン

22_80 国際社会に生きる日本人としての自覚 / 日本仏教の思想

空海と最澄の功績

著者名: zed
Text_level_1
マイリストに追加
空海と最澄の功績

現代の日本仏教に通じる密教の礎を築いたのが平安時代の僧侶であった空海最澄でした。
この2人は世俗と離れたところの修行こそ価値があると考え、山にこもって修行を行うという山岳仏教を浸透させました。この考え方は、それまで日本にはなかったものです。
空海

ALT

空海は高野山に金剛峯寺を建立して、真言宗を開いた僧侶です。弘法大師とも呼ばれています。
空海は、手でを結んで、口でマントラを唱え、心で仏と一体になろうと念じることで、仏に近づくことができるという即身成仏の教えを説きました。
最澄

ALT

最澄は比叡山に延暦寺を建立して、天台宗を開いた僧侶です。伝教大師とも呼ばれます。
最澄は、すべての人間はみな仏になれる可能性を持っているとする一切衆生悉有仏性という考えに基づき、すべての人はみな平等に仏になることができるという一乗思想を説きました。この考え方は、庶民に幅広く支持されます。
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『教科書 新倫理 改訂版』 清水書院
『倫理ノート 新課程用』小寺聡 山川出版社
『もういちど読む 山川倫理』小寺聡 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 7,639 pt 
 役に立った数 7 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。