新規登録 ログイン

1_80 古典:読み解き / 古文:文章の訳/読み解き

枕草子の冒頭『春はあけぼのやうやう白く~』の現代語訳

著者名: 春樹
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

ここでは、清少納言の書いた枕草子の冒頭、「春はあけぼの~」から「冬はつとめて」までをみていきます。

品詞分解
【原文】

春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほかにうち光て行くもをかし。雨など降るもをかし

秋は夕暮れ。夕日の差して山の端いと近うなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などの連ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。

冬はつとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりてわろし
【現代語訳】

春は明け方がいい。だんだんと白くなってゆく山際の方の曽良が、少し明るくなって、紫がかった雲が細くたなびいているのがいい。

夏は夜がいい。月が輝いている時間帯は言うまでもなく、闇(月が登っていない)のときでも、蛍が多く飛んでいるのがいい。また、たくさん飛び交ってはいなくても、蛍が一匹二匹とほのかに光って飛んでいるのも趣がある。雨が降っているときも趣がある。

秋は夕暮れがいい。夕日が落ちてきて山の端が近く感じるようになってきたころに、烏が巣に帰ろうと、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいる様子にさえ心がひかれる。ましてや雁などが列をつくって飛んでいる様子が小さく見えるのはとても趣があってよい。日が沈んでしまってから聞こえてくる風の音や虫の音なども、言うまでもなくよい。

冬は早朝がいい。雪が降っているときは言うまでもない。霜がおりて白くなっているのも、またとても寒い時に、火を急いで起こそうと炭をもってくるのも冬の朝に大変似つかわしい。しかし、昼になってだんだんと暖かくなったときに、火桶の火も白い灰になってしまっているのは似つかわしくない。
【単語チェック】


単語意味
さらなり言うまでもない
をかし趣があってよい
あはれなりしみじみと心に響く
つきづきし似つかわしい
わろし似つかわしくない・みっともない

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 あたらしい国語2』 東京書籍
『教科書ガイド 中学 東京書籍版 新しい国語2』 文理

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 169,519 pt 
 役に立った数 92 pt 
 う〜ん数 19 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。