新規登録 ログイン

26_80 地学:宇宙の構造 / 地学:恒星と銀河系

星の明るさの計算方法

著者名: gg佐藤
Text_level_1
マイリストに追加
地学基礎でも学習したかと思いますが、星の明るさを表す尺度のことを等級と言います。こと座にあるベガを0等級とし、等級の差が5のとき、その明るさは100倍違うと定義されています。
等級の数が小さければ小さい程その星は明るいということになります。ベガの等級が一番明るいわけではなく、それより明るい星は-1のようにマイナスで表すことを留意しておきましょう。

さてここで、星の明るさを計算するときのポイントです。
等級が1つ下がるごとに星の明るさは つまり2.5倍ことなる

等級差が2のときは、星の明るさは つまり6.3倍になる

等級がaとbの星が2つあったとき、bの明るさがaの何倍かをしらべるためには、 で求めることができる


では3番目を使って、2等星が7等星の何倍の明るさであるか計算してみましょう。
a=2、b=7として数値を代入すると



つまり100倍となります。
先程、等級の差が5であるとき、その明るさは100倍違うと述べましたがその通りになりましたね!
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『教科書 地学Ⅱ』啓林館
『教科書 地学Ⅱ』数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 21,544 pt 
 役に立った数 20 pt 
 う〜ん数 6 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。